簡単!美髪になる方法。ウェットブラシTIPS

話題を集めている「ダイアンボヌールオーガニック クッションブラシ byウェットブラシ」を使った、美髪のためのTIPSをご紹介。今回はヘアアレンジ編。テクニック要らずで簡単にできるアイデアを大人気のヘアスタイリスト、shucoさんに教えてもらいました。早速、試してみましょう!

TIPS_1 内側から乾かして、ボリュームアップ!

一本で何役にもなるウェットブラシ。ふわっとボリュームアップさせることも簡単にできます。乾かすときは内側から。半渇きより多少乾いたかな、というタイミングで、ブラシを使い髪の根本を立ち上げるようにブラッシング。ポイントは、生え癖から逆方向にブラッシングすること。根本の部分にある立毛筋が立ち上がり、ボリュームが出やすくなります。

TIPS_2 こなれウェーブヘアの作り方

ヘアを巻く前に、髪の根本を立ち上げるようにブラッシング。生え際をふんわりとさせておきます。いつも通りに髪を巻いたあと、このウェットブラシでブラッシングすると、今っぽいこなれウェーブが完成。巻いたままではクラシックな印象に…。ブラシを通すことでウェーブがなじみ、髪のツヤも出て、ナチュラルで自然なカールになります。 「せっかく巻いた髪が取れてしまうのでは?と思う人も多いのですが、意外としっかりブラッシングしてもOK。なじませるひと手間で仕上がりがかなり変わります」とshucoさん。

TIPS_3 丁寧なブラッシングで髪のうねりを取る!

髪の広がりやうねりが気になときもクッションブラシが使えます。最初のブラッシングはいつも通り、根本を立ち上げるように行います。次に、髪へテンションをかけるように丁寧にブラッシングすると、多少のうねりは取れるはず。最後、毛先だけ内側に丸くロールするようにブラシをかけて。 変な癖を取れば、髪はまっすぐになります。最後に、ヘアオイルやクリームを全体につけることで、ふわふわした毛がなくなり、ボリュームダウンにつながります。

「ダイアンボヌールオーガニック クッションブラシ byウェットブラシ」を使いこなせば、髪のボリュームアップもダウンも思いのまま。先端にクッションが付いているため、頭皮を傷つけず、髪の絡まりがすっとほどけるのも嬉しいポイント。ヘアアレンジをとことん楽しみましょう!

ダイアンオーガニック byウェットブラシ 2,400円(+消費税)
商品詳細はこちら>>

【profile】
shuco:
ヘアスタイリスト/毛髪診断士
東京でのサロンワークを経てパリに渡り、各国のモード誌などで活躍。帰国後も様々な媒体でセンスを発揮し、ヘアを通じた社会貢献活動にも注力している。